• 背景色 
  • 文字サイズ 

6月(第2回)定例記者会見(6月30日) 

質問事項

7.東横イン松江駅前の硫化水素発生事故について

 

○山陰中央新報

 東横インの硫化水素の問題なんですが、知事が前回の会見のときに行政処分の検討をしたいというふうにおっしゃられていたと思うんですけれども、その部分についての検討の進みぐあいといいますか、どのような処分が可能であるかというのが、どのあたりまで進んだのか。

 

○溝口知事

 廃棄物処理法に基づく措置命令は6月13日に行っておりまして、ほかにつきましては、明確にこの措置が必要だというところまで、まだ至っておりませんが、大きな問題は刑事処分がどうなるかということでしょうけども、それは警察当局が適切に対応されるということで、我々も見守っているという状況ですね。

 

○山陰中央新報

 県が独自でされる行政処分については、まだ検討中ということですか。

 

○溝口知事

 一つは、自主的に廃棄物の撤去でありますとか、その後の地下ピットですね、その作業が始まっておって、これについても命令してますけども、7月15日までに実施をさせたいということでやっておりますから、事実上、そういうことで必要な措置はとられてきているということだと思います。

 

○山陰中央新報

 必要な措置をとられているということは、処分の必要はないということですか。

 

○溝口知事

 いや、だから明確に処分というか、罰則の問題につきましては刑事処分というのがあるわけですが、それはまだ事実関係等、検討されておりますね。東横インの管理責任というのがどこまで及ぶのかといったような事実関係とも関連しておると思いますから。

 

○山陰中央新報

 そこは警察の捜査の行方を待ちたいと。

 

○溝口知事

 我々は見守ってるということですね。

 

○山陰中央新報

 それと、東横インに対して説明したり謝罪したりする気持ちというのは、なかなか見えにくいというふうにおっしゃられたと思うんですが、その後、東横イン側から何かアプローチというか、あったでしょうか。

 

○溝口知事

 東横インに対しましては、いろんな撤去作業がちゃんと進むように、県の関係部署もウオッチしてますから、そういう過程で接触はありますけれども、それは今おっしゃった話とは別の話だと思いますね。

 

○山陰中央新報

 そのうち謝罪に訪れたいがみたいなことも特にないですかね。

 

○溝口知事

 それは特にありませんね。

 

○山陰中央新報

 ないですか。

 

○溝口知事

 私が聞いてる範囲では、ありません。

 

 

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp