• 背景色 
  • 文字サイズ 

6月(第1回)定例記者会見(6月12日) 

質問事項

2.東横イン松江駅前の硫化水素発生事故について

 

○山陰中央テレビ

 ホテル東横インのことでお伺いしたいんですが、まず、東横システム電建の不法投棄によって硫化水素が発生したということなんですが、この事態について、知事はどういうふうに、お考えなんでしょうか。

 

○溝口知事

 そういう、いろんな法令に違反する行為が行われたわけですね。それで、地下にあったためになかなか発見といいますか、そういうことについて気づくのが管理者の側においておくれたとか、そういう問題があったわけでありまして、いずれにしても、硫化水素が発生するというような異常な事態になったわけでありまして、そういう意味におきましても法令の遵守につきまして管理者等によく指導もしていかなければならないというふうに考えておりますし、こういう違反行為を起こした業者に対しましては、法令に基づいた措置をとっていく必要があると。今、それを検討中でありますけれども、それから当然の話として、今の違法な状況を早く正常な状況に戻すようにやっていただくと、これも今、指導しているところですね。

 

○山陰中央テレビ

 撤去の見通しというのがいつごろになると現時点ではお考えでしょうか。

 

○溝口知事

 それは今、危険物がまだ残っている可能性もあるわけですから、慎重にそういうものが害を及ぼさないようにやっていく工法等について、指導しながらやっているところですね、できるだけ早期にやっていきたいと。

 

○山陰中央テレビ

 法令に基づいた措置を検討中ということは、これはいわゆる行政処分ということですか。

 

○溝口知事

 そうですね、一つは行政もありますけれども、警察において対応すべきものも多分あると思いますね。

 

○山陰中央テレビ

 現段階でどうでしょう、行政処分を下すというお考えはありますか。

 

○溝口知事

 それは今、法令に基づいた整理をしていますから、そういうものが固まり次第、行われるということになりますね。

 

○山陰中央新報

 これは県の方か市の方かというのがちょっとあれなんですけど、こういう法令に違反した状態があって、県民、市民に実害が出てるという状態になると、例えばそういうことで、何といいますか、警察当局に対してこの捜査をするように告発をするというような方法もあるのでは、と思うんですけれども、その辺はどうですか。

 

○溝口知事

 それはいくつかありまして、廃棄物処理法、それからビル管理法、旅館業法、建設リサイクル法、建設業法、それから建設基準法等々がありまして、そういうものに基づいて、例えば違反物を撤去する命令は既にやってますし、それから建物を清潔に保持する義務などについては指導しなきゃいけませんし、あるいは投棄していけないものを投棄していると、これは法令違反ということになりますから、これはもう警察自身が調査をしておるということです。そのほか改善命令だとか指導だとかいろいろありまして、それは法的な措置が固まり次第、順次適用していきますけども、当面はやはり正常でない状況を早く直すということを全力を挙げているということでありまして、法によりましては市の方も関与するものもありますから、松江市と県が一緒になってやっておるということです。

 

 それから、県内の東横インホテル、ほかにもあるかということですけども、出雲市にありまして、出雲の駅前にあるわけですけども、それは6月の4日、県の出雲の保健所、6月5日、出雲市の立入検査によりまして問題はないということがわかっております。ほかにもこういう事例があり得るわけですから、まず6月3日に松江市はホームページで地下室の点検を、そういうものをお持ちの方はやってくださいという広報をしております。6月11日には、県においても同様の広報をしておりますし、出雲市においても同様であります。

 

 それから、建築関係は建築の技術協会でありますとか設計事務所協会でありますとか、あるいは管の工事組合とか電気工事組合とかありますから、そういうところに建物の施主に対して点検を促すように要請をしていくということも今やろうとしているところですね。特に地下に構造物があって、地下に水がたまり得るような構造物について、よく点検をするということですね。

 

○山陰中央新報

 先ほど警察自身が調査をしておられるということですから、県としては特にこれの件で改めて告発というようなことは、その辺は考えておられるんでしょうか。

 

○溝口知事

 法律によって処分があって、告発とか、そういうものに至るものもあればやっていくということですが、建築資材を不法に放置したというところは、これは明白に廃棄物処理法に違反するわけでありまして、どういう実態、その実態をよく調査して、どういう処分が相当か、警察において検討しているというふうに聞いております。

 

○NHK

 地下に水がたまりやすいような構造物について点検ということなんですが、対象となるのはどういった建物が想定されるんでしょうか。主にホテルとか、そういったものを全部点検するということですか。

 

○溝口知事

 いや、地下にそういうものがあれば、ホテルに限らずやっていただくということですね。

 

○山陰中央新報

 その点検の結果については、県の方でまとめられたりされるんでしょうか。

 

○溝口知事

 そういうものの状況が判明して、そういうことになればしますけども、まだ今の段階では具体的なスケジュール等が決まっているわけじゃありません。

 

○山陰中央新報

 とりあえずは呼びかけをするということですか。

 

○溝口知事 ええ。

 

○山陰中央テレビ

 一連の東横システム電建の対応と、一方でまだ会見などを開いて説明しようとしていない東横インに対して、知事はどういうふうにお思いでしょうか。

 

○溝口知事

 それは、近所の人とか、あるいは来訪者とか、あるいは松江の市民の方々に大きな迷惑をかけたわけですから、そういう観点から管理者として、当然状況を説明したり、それからおわびをしたり、必要な行為だと思っていますけれども。

 

○山陰中央テレビ

 全然、まだ現段階でそういう姿勢が見えないことに関しては、ちょっとやっぱり遺憾だと思われますか。

 

○溝口知事

 遺憾ですね。

 

○中国新聞

 確認ですけど、行政処分の対象は東横システム電建ということでよろしいですか。

 

○溝口知事

 そこら辺は、契約内容とか、建築を委託を受けるわけですから、そういうところをよく調べて、最終的に警察において確定をするということになると思いますけども。

 

○中国新聞

 県としての行政処分、県、松江市の行政処分の対象もそういうことでよろしいですね。

 

○溝口知事

 ということですね。法的に見て、どこが責任を負うべきかというのは、いろんなことも、契約とか、そういうこともちゃんとチェックをしないといけないと思いますね。

 

○朝日新聞

 東横インのことについて確認させていただきたいんですけども、行政処分の対象は、契約の内容をチェックしてからということなんですが、少なくとも廃材を放置したというふうに言っている東横システム電建は含まれるというふうに考えてよろしいでしょうか。

 

○溝口知事

 捜査当局が決められる話ですけども、個人的な常識的に見ればそういうことだろうと思いますね。


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp