• 背景色 
  • 文字サイズ 

5月(第1回)定例記者会見(5月13日) 

質問事項

8.新型インフルエンザについて

 

○山陰中央新報

 新型インフルエンザに対する対策についてお聞きしたいんですが、国が4月に法改正をしまして、患者さんの強制入院が可能になったり、もう差し迫った危機が迫っておるということで対策をとっておるんですが、県の方としまして、県民の方も一度大流行すれば数千人規模の死者が出るんじゃないかというふうな予測もあるんですけども、対応についてはいかがお考えでしょうか。

 

○溝口知事

 この問題も以前から国全体として取り組まなければならない課題であると承知をしております。やはり厚生労働省が国のこういう面での政策を打ち出されてやられるわけですから、国とよく連絡をとりながら、島根県としてもそれにおくれることがないようにやっていくということが第一じゃないかと思いますね。

 

 それから、やはり専門的な知見を要する分野ですから、そういう方々の意見等を踏まえて、国が適切な対応をとるように我々も国に要請をしていくということが、それとともに大事な要素ではないかと思います。

 

○山陰中央新報

 本年度の予算に関連するような予算、項目がなかったふうに思うんですけれども、それについて。

 

○溝口知事

 健康福祉部の一般的な任務は、そういうものも当然カバーしているわけですから、例えば必要な事態になれば、既定の予算でも対応はできると考えておりますし、それは、予算は公衆衛生とか健康福祉部の任務は広いですから、それはいろんなことで対応ができると思います。また、そういうおそれがあるような場合は、我々の方も機動的に対応するように努力をやっていきたいというふうに思っています。

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp