• 背景色 
  • 文字サイズ 

4月(第1回)定例記者会見(4月11日)

島根県総合防災情報システムの運用開始について


■知事コメント  

 

 

 資料をお配りしてありますけども、島根県の総合防災情報システムを新しい仕組みのもとに、システムのもとに発足するということであります。この情報システム自体は平成11年度から運用しておるものでありますが、機器が老朽化したり、あるいは今のシステムではほかのいろんなニーズにこたえられないということがありまして、新しいシステムの開発を昨年の7月からやってきておりました。これが完成する予定であります。

 

 特徴は、従来の機能を強化いたしまして、気象情報でありますとか防災関連情報を一元的に集約して、関係機関に瞬時に伝達する仕組みということです。関係機関としましては、主要なところは県、市町村、消防などでありますが、そういうところに県で入力すると一斉にぱっと届くということです。もう一つは、災害が発生したときに、そうした防災関係機関が応急対策や復旧対策に必要となる基礎的な情報も瞬時に配送するということですね。

 

 それから、3番目に新たな取り組みとして行いますのは、県民の方々に対して防災関連情報を一元化されたデータとして、映像やデータをお送りをするホームページをつくって、これをしまね防災ポータルと呼びますが、そこで瞬時に見られると、場合によっては携帯電話なんかでも主要なものは見られるということです。

 

 4番目に、県民の方々に対しまして、例えば津波情報だとか地震情報でありますとか気象警報などの緊急情報が発令された場合に、県民の携帯電話などにメールで情報をお送りすると。これはそういうものを送ってほしいという御希望を踏まえてやるということになっておりますが、しまね防災メールということでありまして、これなんかも県民の方々にお役に立つんではないかというふうに思っております。

 

 それから、今申し上げましたしまね防災ポータルは、参考でありますけども、県が推進をしています情報産業の育成の関係で、Rubyを使ったソフトウエアを開発がふえるということを期待しておるわけですが、しまね防災ポータルはRubyによって作成をされているということであります。この会見終了後、この場所で、今の新しいシステムについて、実際に映像によりましてデモンストレーションをしますので、興味ある方はごらんいただきたいと思います。

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp