• 背景色 
  • 文字サイズ 

4月(第1回)定例記者会見(4月11日)

 

 


■知事コメント

 

 

 4月1日に新年度が始まりまして、県庁の中も人事の異動があり、広聴広報も、先ほどの井上課長にかわりまして、皆さんと一緒に仕事することになっています。県庁内ではそういう人事の異動がスムーズに進んでおりまして、各課も新しい体制で仕事に取り組んでおると思います。

 

 私も、新年度が始まりましてから、まず、県庁内の幹部職員と昼、時間があればランチミーティングを部ごとに始めております。多いところでは2回ぐらいに分けてやらないといけないんですが、それを少し始めて、新しい体制で、どういう人がどういうポジションにいるかというのを実際に話を聞いたりしているところです。これは夏前ぐらいまで、人数が多いですから、かかると思います。

 

 それから、県内各地にも引き続き出ていきまして意見を聞くということもやっていきたいと思っています。手始めは、総合発展計画が3月末に正式にできまして、これをつくる過程でもいろんな会合、広聴会のような形で意見を聞きましたが、できた後、こんなものができましたという説明をすると同時に、県民の方々のそれに対する御批判、御意見などもお聞きしながら、計画の実施に当たっていきたいというふうに思っています。4月の12日、あすですね、土曜、松江の会場で、これはくにびきメッセですが、そこで会合を開きまして、1カ月ぐらいかけまして、県下8会場で説明会、それから意見を聞く会をする予定です。私も、松江、隠岐の島前、島後、それから最後の浜田と、西部ということで、4回で、残り4回は松尾副知事に出てもらうということになっております。

 

 国政の方では、4月1日から暫定税率が廃止になるということで、この先をどうするかというのが引き続き大きな課題になっております。報道によりますと、政府・与党内では、一定の方向を目指していこうという合意ができつつあるように思います。3月末に福田総理大臣が示された案の方向で進もうということであります。そのうえで、与野党協議が始まるわけでしょうが、いずれにしましてもこの道路財源の確保というのは、道路整備がおくれている島根のようなところは大変大事でありまして、引き続き国に対しまして県としても道路財源の確保、いかなる制度になろうとも確保についてお願いをしていきたいと思っています。

 

 来週17日に、市町村長が会員であります道路整備促進期成同盟会全国協議会が開かれます。これは日比谷の公会堂で行われるわけでありますけども、各都道府県の知事、あるいは議会の方、あるいは内閣、衆参両院の議長等、いろんな方を呼ばれてありますので、私もこれに出席をする予定であります。

 翌18日に、地方六団体による会合、道路暫定税率の回復と住民生活の安定を求める緊急大会ということで、東京の憲政記念館で開かれますので、これにも出席をすることにしております。

 

 それから、県内の話としては、昨日、皆さんも取材などでおられましたから御承知のとおりでありますけども、県庁の入り口のところの県民室に障害者の施設などで製造された商品の販売や活動を紹介するための障害者チャレンジショップ「すまいる」がオープンしたわけであります。このコーナーが県民の方にも利用され、障害者の方々にも活動の参考になるようなことになることを期待しているということでございます。

 


お問い合わせ先

広報室

島根県広報部広報室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5771
【FAX】0852-22-6025
【Eメール】kouhou@pref.shimane.lg.jp