• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県の魅力発信について


 

【提案No.A2016-00321】3月24日受付

 いつもフォトしまねを拝読させていただいています県民の一人ですが、本年1月号を拝見し感じたことを申し上げたいと思います。

 本誌の冒頭、溝口善兵衛知事の観光振興と地域づくりの中で、島根の魅力を広く発信していく、また次のページでは山陰インバウンド機構の取り組みについて記述されていますが、告知の一つの方法として県ホームページのみならず多様なSNSを利用して全国から注目を浴びるようなビジュアル表現はいかがでしょうか。

 インバウンドも大切ですがもっと国内を充実させてはいかがでしょうか。

 

【回答】3月29日回答

 島根県の魅力発信についてのご提案、ありがとうございます。

 県では、県民の皆さま向けの「フォトしまね」のほかに、県外向けに「シマネスク」というグラフ誌を制作しています。「シマネスク」では、島根県の歴史・文化や自然、食、人物などにスポットをあて、読者の印象に残る写真などを多用し、ビジュアル面から島根の魅力を全国に発信しています。(「シマネスク」の誌面は、県のホームページにも掲載しています)

 ご提案いただきましたSNSなど、効果的な広報媒体の活用については今後更に検討を進め、県外に向けた広報に取り組みます。

(政策企画局広聴広報課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2017年3月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025