• 背景色 
  • 文字サイズ 

県旗の配付について


 

【提案No.A2016-00221】12月1日受付

 県旗が制定され、官公庁には掲揚されていますが、一般にはあまり見受けられません。

 提案ですが、県旗を県民に配られたらどうでしょう。

 以前に天皇陛下と皇太子殿下の即位の時は、旧大社町は町民に日の丸の旗を配られました。今も私の家では神棚に飾っています。何かある時には玄関に飾ります。日本国民としてのありがたみを感じます。

 県旗も共に飾れば県民としてのありがたみも、ともに感じることができます。

 

【回答】12月12日回答

 県民の皆様に多くの機会に県旗に触れていただき「島根県」を意識していただくよう県庁や合同庁舎をはじめとする島根県の主な施設で県旗を掲揚するとともに、仕事納め・仕事始め式等の県行事や国体での入場等のイベントなどで使用しております。

 現時点で県旗を各戸に配布し使用していただくような想定はしておりませんが、今後も様々な機会を通じて県民の皆様が県旗に愛着を持っていただくよう努めてまいります。

(総務部総務課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2016年12月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025