• 背景色 
  • 文字サイズ 

人が住みやすい島根の発信等について


 

【提案No.A2016-00046】5月18日受付

 

 今、物の豊かさは実感していますが、反面、心の豊かさが失われつつあるように思います。私の住んでいる益田でもそのように感じます。

 工場誘致し、雇用確保も、もちろん必要ですが、人が住みやすい島根県という観点から発信できないものでしょうか。グローバルという言葉は聞こえはいいですが、日本人らしさを失っているように思います。

 災害が多く発生しています。益田には「萩石見空港」があります。物流、備蓄、役に立つのではないでしょうか。

 

【回答】6月29日回答

 

 島根県は、美しく豊かな自然をはじめ、古き良き文化・歴史、特色ある地域資源、温かい地域社会など多くの強みがあります。

 そういった良さに惹かれて「田舎でのんびり暮らしたい。」「心豊かな生活ができる。」とUIターンされる方もいらっしゃいます。

 昨年、県は「住みやすく活力ある地方の先進県しまね」を将来像とする新しい計画を策定しました。住みやすいといえるのも、豊かな自然や温かい地域社会があればこそだと考えています。

 このような島根の強みを活かしながら施策を展開し、住みやすい島根をPRしてまいります。

(政策企画局広聴広報課)

 

 島根県では、県内に大規模災害が発生し甚大な被害が生じた場合に対応するため、県外等からの救援物資の集積と配給、ヘリコプターや車両による物資輸送の拠点として、島根県全域の災害支援活動を行う施設を県の消防学校の隣接地と県立大学浜田キャンパスグラウンド隣接地に設置しています。

 萩・石見空港については、防災拠点として選定されており、災害時の航空輸送による救援物資等の集積拠点として利用することを想定しています。

 (防災部防災危機管理課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2016年6月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025