• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県総合戦略の策定について

 

【提案No.A2015-00180】9月29日受付

 

 「島根県版総合戦略」素案について、県民に意見が求められています。

 これまでに各界、各層から様々な意見が出され、素案に対して不満・反論の色彩が強いものとなっています。

 県は、これらの意見・声についてどのように対処される考えなのでしょうか。成案にどう反映されますか、それともされませんか。

 戦略は5年間という限られた時間、限られた予算等を考慮し、何を重点化するか、絞り込むかを判断し、それを実現するための方法論を示すことです。

 いずれにしても、過去何をやってきたか、何ができなかったか、それはなぜなのかが総括・分析されなければなりません。

 それがなければ、今後も結局同じことになると言わざるを得ません。

 


 

【回答】10月14日回答

 

 「まち・ひと・しごと創生島根県総合戦略」の素案に対しては、義務教育からの人づくりが重要である、民間情報サイトに県内の求人情報が少ない、子育て世帯等の経済的負担を軽減してほしい、など様々なご意見をいただきました。

 それらのご意見を踏まえ、最終案では、小中学校における教育の充実、きめ細かい求人情報の発信、新たな保育料軽減制度の創設などを追記し、10月6日に県議会に報告し、県のホームページにて公表しました。

 今後、戦略を推進していくなかで、毎年度、行政評価の仕組みを活用して施策の効果を検証し、必要な改善を行います。また、その評価の客観性を確保するため、県議会や外部有識者による委員会に検証した結果を報告し、評価を受けることとしています。

 

(政策企画局政策企画監室)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2015年10月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025