• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県民の歌のPRについて

 

【提案No.A2015-00014】4月23日受付

 

 私は、昔、広報車に乗って、色々な宣伝のお手伝いをしていました。

 その時、島根県民の歌をよく流していましたので、大好きなメロディです。

 県民の歌ですから今も歌われているかもしれませんが、先日、私がある会で歌いましたら、50歳代以下の人は知りませんでした。

 いい歌ですから、学校や公民館などでもっと歌って広めてください。

 


 

【回答】5月28日回答

 

 島根県民の歌「薄紫の山脈」をご愛聴いただきありがとうございます。

 島根県民の歌は、県民意識の高揚を図り、郷土愛を醸成するため、昭和26年に制定されました。

 これまでに、県が行う各種式典等において積極的に活用するほか、CD等を作成し、県内の市町村、公民館、学校などにも配布し、啓発普及を図っています。

 今後もできる限り様々な場面、方法で活用するよう努めていきたいと考えています。

 なお、島根県のホームページ上でもお聴きいただけます。

 

[島根県民歌]https://www.pref.shimane.lg.jp/admin/seisaku/koho/kenka/

 

(政策企画局広聴広報課)

 

 

 島根県では、島根や身近な地域など、ふるさとの自然・歴史・文化・伝統などに対する愛着や誇りをもち、これからの時代をたくましく生きる力と地域・社会への貢献意欲をもった子どもたちを育む教育を推進しています。

 その一助として、島根県民の歌「薄紫の山脈」の歌詞、楽譜、曲に込められた願い等をリーフレットにまとめ、平成14年度から平成26年度までは県内全ての小学校1年生に、平成27年度は県内全ての中学校1年生に配付し、児童生徒に島根県民の歌の普及を図ってきました。また、音楽の授業で指導している学校もあります。

 今後も、この取り組みを続け、島根県民の歌を子どもたちの愛唱歌とし、ふるさと島根を大切にする気持ちを育んでまいります。

 

(教育庁教育指導課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2015年5月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025