• 背景色 
  • 文字サイズ 

錦織圭選手への県民栄誉賞の授与について

 

【提案No.A2014-00122】9月3日受付

 

 テニスの全米オープンを見ました。錦織圭さんは島根県出身ですが、県民栄誉賞などは既に与えられているのでしょうか?まだでしたら、これを機に準備されてはどうでしょうか。彼は、50年に一人の逸材だと思います。観光大使もいいですね。世界から観光客が押し寄せるかもしれませんよ。試合を見て本当に感動しました。是非ご検討ください。
 

 

【回答】9月12日回答

 

 この度はご提案いただきありがとうございます。

 錦織圭選手のご活躍は、県としましても誠に嬉しく、県民の皆様とともにお祝い申し上げたいと思います。

 ご提案いただいた県民栄誉賞の授与につきましては、県としては、ご本人の意向や帰国の予定などをお聞きしながら、検討していく考えであります。

 

(政策企画局秘書課)

その後の状況】9月17日発表

 

ご提案いただいた錦織圭選手への県民栄誉賞の授与につきまして、その後検討してきましたが、昨日、関係の方を通じて、ご本人の意向をお聞きすることができました。

ご本人からは、関係の方を通じて、次のようなメッセージが伝えられました。

  • 深夜の時間帯にもかかわらず、応援してくださった島根県の皆さんのパワーをいただき、頑張ることができました。ご声援に感謝します。
  • 来年以降も決勝の舞台に戻ってこられるように、そして、全米に限らず、全豪、全仏、そしてウィンブルドンでも優勝を目指して、さらに精進します。
  • 私にとっての原点は、13歳まで育った松江市であり、島根県なので、県民栄誉賞の授与は、とても光栄なお話しです。
  • ただ、24歳の私は、まだまだ発展途上であり、グランドスラムの優勝、そして世界ランキング1位などの目標があり、夢に向かって努力している最中です。
  • 仮に、賞をいただけるのだとしたら、自分がプロテニス選手として何かを成し遂げ、キャリアに区切りを付けたときがふさわしいのではないか、というのが率直な思いです。
  • また、自分が現役を引退したときに、地元である島根県に何か恩返しができたらとも思っています。
  • 今後とも、島根県松江市出身の錦織圭として、世界の舞台で活躍していくので、県民の皆さまに、今回同様、応援していただけたら、大変うれしく思います。

 

県としましては、ご本人の意向に沿って、県民栄誉賞の授与について、見送ることとしました。将来また検討することといたします。

 

(政策企画局秘書課)


【その後の状況】10月9日発表

 

錦織圭選手は、全米オープン準優勝後、マレーシア・オープンで見事優勝され、さらに、先日、東京で開催された楽天ジャパンオープンでは、2大会連続となる優勝を果たされました。世界のトップレベルでの活躍は、県民に大きな喜びと感動を与え、県民のスポーツへの関心や熱意を高めるものです。

こうした県民の皆様の関心などを踏まえ、今後、世界の頂点を目指して頑張ってほしいという激励の意味を込めて、楽天ジャパンオープンの準決勝に先立ち、10月3日に、島根県体育協会から錦織圭選手に激励金が贈呈されました。

激励金がご両親に渡されました際、お父様から次のメッセージをいただきましたので、ご紹介します。

  • 本人に激励金の趣旨をきちんと伝えます。
  • 息子の活躍が県民の皆さんに大きな喜びと感動を与え、県民のスポーツへの関心や熱意を高めるものだと評価され、とても光栄です。
  • また、県民栄誉賞をご配慮いただいたことに感謝しております。本人はまだ若いし、夢の途中なので今回は辞退させていただきました。
  • 今後とも息子の活躍を温かく見守っていただければ父としても嬉しい限りです。

(政策企画局秘書課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2014年9月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025