• 背景色 
  • 文字サイズ 

人口減少対策について

 

【提案No.A2014-00113】9月4日受付

 

 全国の県や市で、人口を増やそうと色々な計画をしておられるが、結果、税金の無駄遣いだと思います。日本の人口が少なくなるのにどうして地方が増加するのでしょう。

 もう少し県民のためになるように税金を使って下さい。

 


 

【回答】9月12日回答

 

 ご指摘のとおり、日本全体の人口は、高齢化により死亡者数が増加する一方で、出生者数は減少しており、今後も総人口の減少が見込まれています。

 しかし、合計特殊出生率(※)をみると、東京等の大都市は低く、地方は高くなっています。このまま大都市への人口集中が続くと、日本全体としても、更に、出生率が下がり、人口減少が進むことになります。

 このため、島根のように合計特殊出生率が高く子育てがしやすい地方において、企業誘致の推進や観光振興、特色を活かした売れる農林水産品づくりなどに取り組み、雇用の場を増やしながら、人口を地方へ分散させていくことが、日本全体の人口減少を抑制することにつながると考えています。

 

 ※「合計特殊出生率」とは

 15歳から49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもので、一人の女性が一生の間に生むとしたときの子どもの数に相当する。

 

(政策企画局政策企画監室)

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2014年9月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025