• 背景色 
  • 文字サイズ 

県民歌について

【提案No.223】2013年12月16日受付
人口が七十万人しかいないのに、いつまで「九十万の県民の」という歌詞のまま歌うのですか?

立川澄人さんが歌っているものが流れていますね。亡くなって久しいのだから、他の人に歌ってもらったらどうですか。

県民歌がもう一曲あるのはご存じですか?「青い空なら」です。こちらの方が歌いやすいです。

県民歌の普及を図るため、CDを新たに作成し市町村や学校に配布し、または販売したらどうですか。

 

 

【回答】4月1日回答

ご提案ありがとうございます。

県民の歌「薄紫の山脈」は、昭和26年、サンフランシスコ講和条約の締結を記念して制定され、現在も県民に親しまれ、色々な場で歌われております。

ご指摘のありました人口の一節は、制定当時の県人口である90万人が一丸となって「新しい島根」を築いていこうという気概が込められたものでありますので、今のところこの歌詞を変えることは考えておりません。

また、他の歌手による音源化についても、立川澄人氏は、1985年12月に亡くなっていますが、「薄紫の山脈」が立川氏の歌声で親しまれていることから引き続き立川氏が歌う音源を使用したいと考えております。

現在の県民の歌は、昭和26年に募集を行い、「薄紫の山脈」(米山治作詞)と「青い空なら」が当選し、昭和27年にレコード化いたしました。その後、くにびき国体の開催に併せ「県民の歌」を普及し、県民意識の高揚を図ることを目的に昭和56年度に「薄紫の山脈」のみを再度レコード化いたしました。

現在のところ、「薄紫の山脈」が県民の歌として愛されていることから新たに「青い空なら」を普及する状況にはないと考えております。

今後も県民の歌の普及等に努力してまいります。

(政策企画局広聴広報課)

 

[この回答に対する意見募集]■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。

 

 

 

2014年4月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025