• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県臨時職員の勤務評価制度について


 

【提案No.139】 8月30日受付

 

 島根県臨時職員の勤務評価制度について、提案があります。現在は、任用期間終了後は特に勤務態度などの評価制度はないと思いますが、半期に1度か1年に1度、勤務態度や仕事に取り組む姿勢などを評価し、再度試験を受けて名簿に登録する際の判断材料として活用してはどうでしょうか?初めて県の名簿登録試験を受ける場合は、学力試験や面接が重要だと思いますが、複数回目の登録の際は、むしろ前回の勤務状況の方が重要になってくると思います。県の臨時職員のレベル向上のためにも、ぜひ検討していただきたいです。

 

 

【回答】 9月18日回答

 

 現在、臨時職員の任用については、毎年公募で実施する「臨時的職員任用候補者名簿登録試験」の成績順にその合格者を名簿登録し任用しておりますので、勤務評価を名簿登録の判断材料とすることは、初めて試験を受ける方との公平性の観点から実施は難しいと考えています。

 しかしながら、臨時職員や嘱託職員の業務スキルの向上には常に取り組んでいくべきものと考えておりますので、ご提案のありました臨時職員の勤務評価制度については、人材育成に向けた今後の取り組みの参考とさせていただきます。

(総務部人事課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2013年9月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025