• 背景色 
  • 文字サイズ 

TPP参加による地域経済に対するメリットについて


 

【提案No.105】 7月30日受付

 

 今問題となっているTPPの参加について、参加すると農業をはじめとした様々なところに影響が出ることが予想されています。第一次産業の人口割合が多いほうである島根県にとっては農業への影響は地域経済にも大きな影響をあたえることになると思う。私は、メリットよりデメリットのほうが目につくが、県としてはTPP参加による地域経済に与える一番のメリットはどのようなことだと考えているのか。

 

 

【回答】 9月5日回答

 

 TPPに参加した場合、デメリットとしては、「原則として即時に全品目の関税の撤廃が求められ、その結果、農業の衰退や自給率の低下を招くのではないか」といった声があります。

 その一方で、メリットとしては、例えば、「協定参加国間で互いの関税をなくしていくことで貿易が盛んになる」、「貿易手続きや入管手続きを簡単にすることで中小企業も海外で活躍しやすくなる」といった声があり、我が国全体への経済効果や地域経済への波及が期待されています。

 県としては、こうしたメリット、デメリットの双方があると考えていますが、現在のところ、TPP交渉における各国の主張や合意事項等は明らかにされておらず、TPP参加によってどのような影響が出てくるか、はっきりしたことが言える状況にありません。

 県では、TPP交渉の進展に応じて的確に対応するため、「TPPに関する庁内連絡会議」を設置し全庁的に取り組んでいるところであり、今後も、できる限りの情報収集に努めてまいります。

(政策企画局政策企画監室)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2013年9月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025