• 背景色 
  • 文字サイズ 

道州制に向けた県民との議論について


 

【提案No.113】 8月7日受付

 

 将来、道州制が実現した場合、最初に危ないのは本県ではないでしょうか。

 今からそれへの課題と解決策を議論しあい、県民にも関心を高めさせるような動きを行政が考え始めてもよいのではないか。

 

 

【回答】 8月29日回答

 

 現在、国において議論されている道州制は、改革の具体的な内容が不明確であり、ご提案のような懸念や意見が様々に交わされています。

 その中で、道州制への移行には、いくつかの課題があると考えられています。

  1. 巨額の長期債務残高と財源不足を抱える国・地方の財政の健全化をどう進めるのか
  2. 国・道州・基礎自治体の役割分担をどのようにするのか。
  3. 道州間・道州内で生じる地方税収入などの財政上の格差を、どのように調整するのか。
  4. 地方部において遅れている高速道路などのインフラ整備を、どのように進めていくのか など

 このような課題について、知事会などの場を通じて、今後とも議論を行ってまいります。

 

(政策企画局政策企画監室)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2013年8月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025