• 背景色 
  • 文字サイズ 

山陰道の出雲-江津間の開通時期等について

 

 

【提案No.401】3月29日受付

 Q.山陰道の出雲-江津間が開通して浜田道と繋がる予定日を教えてください。また、浜田道と山陰道が繋がったとき、開通記念で浜田道を一時的に無料にしていただけませんでしょうか。

 

 いま、松江と中国道が繋がり、また、鳥取と中国道も繋がります。山陰道の出雲-江津間が開通して浜田道と繋がる予定日を教えてください。

 また、浜田道と山陰道が繋がったとき、開通記念で浜田道を一時的に無料にしていただけませんでしょうか。予算に入れていただけませんでしょうか。

 島根県の東西を横断する山陰道は、島根県の大切なパイプになると思います。島根県以西の方が島根県を横断していただけると考えています。いまだと、中国道で移動される様に感じます。

 島根県にお金を落としてほしい。島根県を通ってほしい。江津や浜田を通ってほしい。松江や出雲は賑やかかもしれませんが浜田周辺は活気がありません。

 浜田道と山陰道が繋がったときは、活気を呼ぶ起爆剤(浜田道は「無料」の言葉)を与えてもらえませんでしょうか。ご検討をどうかよろしくお願いします

 

 

【回答】4月19日回答

 

A.山陰道の出雲〜江津間の全線開通時期は未定です。また、浜田自動車道の無料化は、県としての実施は困難です。

 

 山陰道の出雲〜江津間の現在の整備状況は、全体延長62.9kmのうち、出雲〜福光間(48.9km)が事業中区間に、福光〜江津間(14km)が未事業化区間になっています。

 事業主体であります国土交通省は、事業中区間のうち、湯里〜福光間(5.9km)が平成25年度に、仁摩〜湯里間(5.9km)が平成26年度に開通予定であると公表しています。残りの区間については、平成18年度から24年度までにすべて事業化されましたが、「事業化から概ね10年での完成を目指すものの、完成に向けた円滑な事業実施環境が整った段階」で開通予定を公表することができるとしています。

 未事業化区間の福光〜江津間については、現在、事業化に向けた手続きを行っており、開通時期は未定です。(参考図をご覧下さい)

 また、浜田自動車道の一時的な無料化については、県としての実施は現状では困難でありますが、ご意見の内容は道路管理者である西日本高速道路株式会社にも伝えます。

 今後とも一日も早く山陰道が繋がるよう取り組んでいきますので、ご理解いただきますようお願いします。

(土木部高速道路推進課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2013年4月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025