• 背景色 
  • 文字サイズ 

竹島に関する論文の公募について


 

【提案No.374】 2月12日受付

 

 先日、第3回「竹島・北方領土を考える」中学生の作文コンクール表彰式がありました。領土返還要求運動の向上のために、この機会に、成人の論文を含め全国へ発信すべく、「竹島(・北方領土)を考える」論文の全国公募をしていただきたい。

 

 

【回答】 3月5日回答

 

A.作文コンクールを中心となって進めている竹島・北方領土返還要求運動島根県民会議にも伝え、今後実施できるかどうかの検討も含め参考とさせていただきます。

 

 島根県の中学生作文コンクールについては、領土についての歴史と現実に関心を持ち、そこに存在する領土問題を正しく理解し、竹島・北方領土問題に関心を高めることを目的として、県や竹島・北方領土返還要求運動島根県民会議などが主催となり、一昨年度から実施しているもので、3回目となる今年度も県内15中学校より832点のご応募がありました。

 領土問題を解決するためには、一人一人が身近な問題としてとらえ、正しく理解し、関心を持つことが大切だと考えます。

 ご提案の「竹島(・北方領土)を考える」論文の全国公募については、作文コンクールを中心となって進めている県民会議にも伝え、今後実施できるかどうかの検討も含め参考とさせていただきます。

 なお、こうした県の取り組みでは活動に限界があることから、国に対して、学校教育も含め、国民への広報研究活動を強化するよう、要望しているところです。

(総務部総務課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2013年3月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025