• 背景色 
  • 文字サイズ 

衆議院議員選挙の投票所における投票立会人について


 

【提案No.322】 12月17日受付

 

(1) 一つの投票所に、投票立会人はあんなに多くいらないのではないか。一人で十分。人件費の無駄。法律がそうなっているなら改正を具申すべきである。

(2) 投票立会人になりたいが、応募方法を教えて欲しい。

 

 

【回答】 1月10日回答

 

(1) 投票立会人の人数について

 投票立会人の数については、公職選挙法で2人以上5人以下と定められています。

 投票立会人が最低2名とされているのは、投票事務を公正に行うため、投票立会人についてもお互いに監視し合うことが必要なためですので、ご理解願います。

 参考までに、平成23年4月執行の島根県知事選挙における投票立会人の数は、1投票所当たり2.06人でした。

(2) 投票立会人の選任方法について

 投票立会人は、各投票区(投票所の管轄区域)の選挙人名簿に登録された方の中から、市町村の選挙管理委員会が選任することとなっておりますので、選任方法などについては、お住まいの市町村の選挙管理委員会へご確認いただきますようお願いします。

(地域振興部市町村課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2013年1月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025