• 背景色 
  • 文字サイズ 

主婦のための就労支援について


 

【提案No.281】11月12日受付

 

Q.子育てに手がかからなくなって働きたい主婦のための就労支援をしてください。 

 

 子育てに手がかからなくなり、児童手当もなくなって働きたいと思っても、仕事がないし県や市の支援がありません。できれば、県や市の方で就労のための講習や支援をもう少ししてほしいです。

 これからの時代、介護職や高齢者向け配食サービスのような職が増えます。専業主婦がいざ社会のために働きたいと思っても、なかなか難しいです。就労支援があればとてもいいと思います。

 県で講習などがもっとたくさんあり、資格などが取得できるようにしてください。子育てが終わり次のステップに進みたい人はたくさんいるのです。何年も主婦をしていると職安での講習を受けることもできず、民間で高額な料金を払わないと学ぶことができません。

 

 

【回答】11月28日回答

 

A.子育てをしながら、または子育てを終えられた方で、仕事に就くことを希望される方は、最寄りのハローワーク(公共職業安定所)へご相談ください。

 

 子育てをしながら、または子育てを終えられた方で、仕事に就くことを希望される方は、最寄りのハローワーク(公共職業安定所)へご相談ください。

 ハローワークは、就職に関する相談・支援を行っており、資格・技能等を身に付けて再就職を目指す方には、職業訓練をご案内しています。

 職業訓練では、子育てに専念されていた方など雇用保険に加入されていなかった方を主な対象とした国の「求職者支援訓練」と、雇用保険を受給中の方を主な対象とした県の「公共職業訓練」があります。県では、この公共職業訓練を、県立高等技術校(東部・西部)から県内の専修学校や民間の教育訓練期間に委託して実施しています。

 いずれの訓練も、就職に必要な技能及び知識を習得するための職業訓練で、受講料は無料ですが、テキスト代等は自己負担となります。

 訓練科目には、介護サービス、経理事務、ビジネス系のパソコン(表計算、ワープロ)等があり、3ヶ月から6ヶ月程度の期間で、学科、実技、実習などの訓練が実施されています。

 なお、雇用保険を受給できない方であって、所得額等の一定の要件を満たす場合には、職業訓練受講給付金(月額10万円)の支給を受けることができます。

 職業訓練を受講するには、ハローワークへの求職申し込みが必要となりますので、詳細については、最寄りのハローワークへお問い合わせください。

 

 ハローワーク(島根労働局のハローワーク紹介ページ)http://shimane-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hw/hello.html(外部サイト)

(商工労働部雇用政策課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年11月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025