• 背景色 
  • 文字サイズ 

スピード違反の誤告知について


 

【提案No.277】 11月8日受付

 

 7月のニュースにて、栃木県宇都宮東署が「スピード違反の誤告知が4200件あった」と発表しました。原因は、新型レーダー式速度測定装置の取り扱い方法を間違えた事によります。レーダー投射角度を、別の装置の角度と勘違いし、実際の速度より8パーセントほど上回った結果が出たらしいです。島根県警は上記のような新式測定装置の取り扱いなどが正しく行われているのか調査していただけないでしょうか。

 

 

【回答】 11月16日回答

 

 スピード違反を誤って告知した栃木県警察での事案の発生を受け、即座に調査した結果、島根県警察では、正しく機器を取り扱っており、誤告知事案の発生がないことを確認しております。

 島根県警察では、交通ルールとマナーの定着を図り、交通事故を防止するため、交通指導取締りを行ってまいりますので、今後ともご理解をお願いします。

(警察本部交通部交通指導課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年11月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025