• 背景色 
  • 文字サイズ 

ご当地ナンバーについて


 

【提案No.261】 11月2日受付

 

 車のナンバーでご当地ナンバーの募集をしているらしいですが、島根県も島根ナンバーだけではなく、松江ナンバーや出雲ナンバーなどを申請してはどうでしょうか。

 

 

【回答】 11月22日回答

 

A.今のところ募集は行われていませんが、詳細が決定され、募集の条件を満たすことが可能であれば、市町村と検討をしていきたいと思います。

 

 新たな地域名表示のナンバープレート(いわゆる“ご当地ナンバー”)制度は、国土交通省が平成16年に導入したもので、平成18年から平成20年までに19地域が認められました。

 平成24年7月19日に開催された国土交通省の「ナンバープレートのあり方に関する懇談会」で、ナンバープレートの見直しについて最終とりまとめがなされ、「ご当地ナンバー」の拡充についても、次のとおり方向性が示されました。

  • ご当地ナンバーの拡充自体については前向きに進める。
  • 次の要件を課した上で公募する。

 その際、各地域から、ご当地ナンバーの導入と絡めた地域振興・観光振興策等についてプレゼンテーションを受けて、導入の優先順位付け等を行うことも検討する。

<対象地域>

・地域特性等で一定のまとまりのある地域(原則、複数市町村)

<条件>

・対象地域内で登録されている自動車の数が10万台を超えていること(対象地域の全部が離島である場合を除く。)

・地域住民の同意を前提に対象地域の市町村からの要望を踏まえた都道府県の提案によるものであること

・対象地域における地域振興・観光振興の中での「ご当地ナンバー」の位置付け、活用方策等が明確に示されていること 等

  • 平成26年度中に実施できるように準備を行う。

 

 現在、国土交通省において、平成26年度中にご当地ナンバー導入の拡充が実施できるように募集要項を作成するなど、必要な準備が進められている状況です。

 したがって、今のところ募集は行われていませんが、詳細が決定され、募集の条件を満たすことが可能であれば、市町村と検討をしていきたいと思います。

(地域振興部交通対策課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年11月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025