• 背景色 
  • 文字サイズ 

先端医療機器を備えた拠点病院の整備について


 

【提案No.239】 10月22日受付

 

Q.先端医療機器を集めて治療する拠点病院を県内に整備してください。 

 

 島根県内の病院には、脳腫瘍などの治療に使われる「ガンマナイフ」(※1)がありません。こういった先端医療機器を集めて治療する拠点病院を県内に整備してください。県外でないとその治療を受けることができない現状を早く改善してほしいのです。若い人が死なずに済むかもしれないのです。私が住んでいる出雲市は病院が多く恵まれていると実感しますが、それでも、こういう面で格差を思い知らされます。

 

 

【回答】 11月12日回答

 

A.全てのがんに対する先進医療機器を整備することは困難ですが、各病院間で連携を図りながら治療が行われています。

 

 県内には「ガンマナイフ」(※1)を配置している病院はありませんが、「リニアック」(※2)という装置を用いて「ガンマナイフ」と同様の定位放射線治療を行うことのできるがん診療連携拠点病院(※3)があります。

 治療方法は患者の方の症状により異なるため、全てのがんに対する先進医療機器を整備することは困難ですが、各病院間で連携を図りながら治療が行われておりますので、治療中の病院の相談室(地域連携室等)やがん診療連携拠点病院のがん相談支援センターにご相談ください。

※1 ガンマナイフ

定位放射線治療を行う放射線照射装置の一つであり、病巣に対し多方向から放射線を集中させる方法により脳腫瘍、脳血管の奇形などの治療に使われる。

※2 リニアック

体の外部から病巣へ放射線を当てて治療する放射線治療装置で、多くの種類のがんに広く使用されている。

※3 定位放射線治療のできるがん診療連携拠点病院

島根大学医学部附属病院、松江市立病院、県立中央病院

(健康福祉部健康推進課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年11月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025