• 背景色 
  • 文字サイズ 

会議テーブルの白布について


 

【提案No.228】 10月9日受付

 

 10月9日夕方のニュースで、島根県減災目標等策定検討委員会の様子が放映されていました。

 テーブルには白布が掛けてあり、違和感を感じます。白布に何の意味があるのでしょうか。手間、クリーニング代など県民が負担することになると思いますがいかがでしょうか。

 

 

【回答】 10月23日回答

 

 県では、会議等を開催する際に、その必要性を判断した上で白布を使用しています。

 これは、公費の支出として社会通念上許容される範囲を脱しないものと考えています。

 今後とも行政事務を遂行する上で、白布の使用が必要な場合はその必要性を十分検討し、適切な執行に努めます。

(総務部消防防災課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年10月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025