• 背景色 
  • 文字サイズ 

県外在住者への情報発信について

 

 

【提案No.84】6月14日受付

 

Q.島根県内で勤務した経験のある県外在住者の方を対象に、島根ファンの掘り起こしを図ってはいかがでしょうか。

 

 これまでに、島根県内に所在する国の出先機関や企業・会社などに着任し勤務した経験を持つ方は全国に数多くちらばっておられると思います。その方々は現在も「島根」を強く意識しておられるはずです。

 そこで、その方々をリストアップし、例えば「古事記1300年」「神話博しまね」など島根に関する資料を送付して、「島根ファン」の掘り起こし、拡大を図ってはいかがでしょうか。

 

【回答】6月25日回答

 

A.島根県にゆかりのある方で、島根のPRに意欲的な方に「遣島使」になっていただき、島根県の良さを広くPRしていただいています。

 

 島根県では、県外にお住まいの島根県出身の方や、島根で勤務したことがあるなどのゆかりのある方で、島根のPRに意欲的な方に「遣島使(※)」になっていただき、島根県の良さを広くPRしていただいています。

 遣島使の方々には、県外向け島根PR情報誌「シマネスク」や県外での島根関係のイベント情報などをお送りしたり、メールによる情報提供を随時行ったりしております。

 国の出先機関や民間企業勤務者の方々をすべてリストアップすることは、個人情報保護の観点から難しい面がありますが、県内の事業所に情報提供をするなど、島根に勤務経験をお持ちで島根に愛着を持っていただいている方の掘り起こしを進め、県のPRにつなげていきたいと考えております。

 なお、県では、島根を応援するコミュニティサイト「リメンバーしまね(外部サイト)」を開設しており、現在、約2万人の島根ファンの方にご登録いただいています。その大半が県外在住の方で、このサイトを通じて、情報提供や「島根ファン」の掘り起こしも合わせて行っております。

 

※遣島使(けんとうし)とは、7〜9世紀に日本と唐との交流の使者として活躍した「遣唐使」にちなみ、島根を愛する人に、島根と全国との「人と文化の架け橋」になっていただきたいという想いをこめて、ふるさと親善大使の島根県版を「遣島使」と命名しました。

(政策企画局広聴広報課)

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年6月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025