• 背景色 
  • 文字サイズ 

県職員と県外ナンバーの車両について


 

【提案No.58】 5月16日受付

 

Q.毎年5月末までに自動車税を納付することを県から求められていますが、島根県職員の中には県外ナンバーを付けている人が見られます。

  このことは以前も指摘がされていました。状況が全く改善されていません。

 

 

【回答】 6月8日回答

 

A.今後も、個別指導を行うとともに、新規採用職員研修等の機会を通じて、変更手続きが徹底されるよう啓発に努めてまいります。 

 

 自動車のナンバープレートは、道路運送車両法の規定に基づき所定の手続きがとられた後に交付され、その後、所有者の住所や使用の本拠の位置に変更が生じた場合には、変更手続きが義務づけられています。

 ご指摘のとおり、県職員として法律を遵守すべきであることはもとより、自動車税の適正な課税の実現に向け、転居等により使用の本拠の位置等に変更が生じたときは、速やかに変更手続きがなされるよう、従来から周知しているところです。

 また、職員用の宿舎や駐車場を利用する者で島根県のナンバープレートに変更すべき者に対し、庁舎管理者(管財課や県民センターなど)から個別に指導しているところでもあります。

 今後も、個別指導を行うとともに、新規採用職員研修等の機会を通じて、変更手続きが徹底されるよう啓発に努めてまいります。

(総務部税務課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年6月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025