• 背景色 
  • 文字サイズ 

保育所への入所について


 

【提案No.557】 3月19日受付

 

 出雲市との境界に近い松江市に住んでいます。一歳になる子どもを育てていますが、保育所に預けて共働きしたいと考えています。夫は出雲市の会社に勤めており、子どもが病気など保育所に行けないときなどに預けられるのは、出雲市にある実家であり、さらに、通勤時の渋滞など考えると、どうしても出雲市で就職した方が働きやすいです。

 しかし、保育所が広域入所を受け入れてくれません。定員100%になった時点で広域入所は断られます。出雲市民であれば、定員100%になっても何人かは受け入れるようです。松江市に関しても、出雲市からの受け入れを断っているようです。市からの補助に関しても、広域入所になると受けられません。

 市の境界に住む住民は、大変困っています。勤務先がある市での受け入れ要件を緩和するとかしてください。

 広域入所でなくても、待機児童はたくさんいます。待機できるのには限界があります。私のところは、去年も待機児童でした。待機児童が出ないよう早く実行してください。

 

 

【回答】 4月17日回答

 

 居住地のある自治体以外の保育所に入所する場合、居住地の自治体と希望先の自治体が連絡調整する仕組みが整えられており、これに基づいて県内でも広域入所が行われているところです。

 ご提案にあるように、広域入所を受け入れる場合、保育所の定員の範囲までとしている自治体があります。(里帰り出産の場合などには緩和する自治体もあります。)

 保育所は、保育室にゆとりがある場合などには定員以上の児童を受け入れることもありますが、これは、年度のはじめから待機児童がいる場合や、年度の途中で保育が必要となった児童が発生した場合などに行われるものです。

 受入れ側の自治体は、地元からの申し込みに応える責任もあるため、広域入所を定員の範囲内までとする取り扱いには、一定の妥当性がありやむを得ないものと考えています。

 県としては、保育所の新規開設や定員増、認可外保育施設への助成など市町村の取り組みを支援すること等により、保育所の入所を希望される皆さんが1人でも多く保育を受けられるよう努めているところですので、ご理解をいただきますようお願いします。

(健康福祉部青少年家庭課)

 

〈出雲市からの回答〉 

 

 保育の実施については各市町村が行なっているため、市内在住の方の申込を優先にしており、里帰り出産などの場合を除いて、希望される保育所が定員未到達の場合に限り広域入所を決定しています。

 これは、保育所入所の待機をしている市内在住の方がいらっしゃる状況の中、保育所の定員を超えて市外の方の入所を決定できないためです。

 急な用事などにより一時的に家庭で保育ができない場合に保育所で預かる「一時保育」については、事業を実施している保育所で受け入れ可能であれば市外の方も利用することができます。また、出雲市に3か所ある認可外保育所は、入所に関して住所要件はありませんので、入所の相談をされてはいかがでしょうか。

 出雲市では保育所の施設整備等により毎年定員を拡大するなど待機児童解消に向けて努力しているところです。今後も引き続き待機児童解消に取り組んでいきたいと思います。

 貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。

(出雲市子育て支援課)

 

〈松江市からの回答〉 

 

 広域入所で松江市在住の方が松江市以外の認可保育所を希望される場合は、先方の自治体の制度やご希望される保育所の空き枠状況などで可否が決定されます。

 松江市が他の自治体から受け入れる場合は、定員割れをしている保育所に限り入所を認めています。ただし、要支援家庭や他の公的支援をお受けになっているご家庭などで協議・相談があれば、その実態を把握した上で、特例的に定員を超えた保育所への調整を行い、入所を認める場合があります。

 松江市が実施している保育料の軽減措置については、通常の場合と広域で他の自治体の認可保育所をご利用の場合とはなんら差異はございません。また、認可外保育施設保育料補助金(第3子軽減)については、他市町村の認可外保育所をご利用の場合でも適用になりますので、詳しくは松江市子育て課幼保管理係(55−5312)までお問い合わせください。

(松江市市民生活相談課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年4月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025