• 背景色 
  • 文字サイズ 

バス運転者同士の挙手あいさつについて


 

【提案No.23】 4月9日受付

 

Q.バス運転者の挙手あいさつをやめさせるように、行政指導すべきではないでしょうか。

 

 一般道のみならず高速道路でも、同じ会社(系列)のバスがすれ違うと、運転者が挙手あいさつをしています。

 世の中にバスが走り始めてからの慣習がそのまま継続されているものと思われますが、乗客の命を預かっている運転者は、きちんとハンドルを握って路面状況を見ながら運転する義務があると思います。

 即刻やめさせるように行政指導すべきではないでしょうか。

 

 

【回答】 4月23日回答

 

〈国土交通省中国運輸局島根運輸支局からの回答〉

 

 ご指摘のありました、運転者相互の挙手(あいさつ)につきましては、運転時に視線をずらすとともに操縦装置から手を離す結果となることから、このような行為は乗客に不安を与えるとともに、危険な運転に繋がるものと考えられます。

 中国運輸局では、当該挙手行為を行わないよう、安全運行の徹底について関係団体あて通知しておりますが、今後につきましても機会を捉え指導してまいります。

(国土交通省中国運輸局島根運輸支局)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年4月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025