• 背景色 
  • 文字サイズ 

精神障がい者に対するバス等の割引について


 

【提案No.509】 3月2日受付

 

 私は3級の障がい者手帳を持っており、定期的に自立支援医療へ通院しています。広島市のように路線バス代が半額にならないでしょうか。(松江市は無料ですが。)

 また、身体障がい者や知的障がい者だけでなく、精神障がい者についても、JRや高速バスが半額で利用できるように県からも要望してください。

 

 

【回答】 3月13日回答

 

 精神障がい者に対する路線バスの運賃割引については、これまでも障がい者団体から要望を受けており、県としても実現に向けて、事業者団体である島根県旅客自動車協会やバス事業者に対して要請を行ってきました。

 これを受けて、石見交通は平成24年4月からの実施に向けて準備中であると聞いています。また、東部のバス事業者については、同一路線で複数の事業者が運行していることなどもあり、継続して検討をいただいています。

 なお、JRについては、全国を営業エリアとしており全国統一的な運用が必要であることから、国において検討されるべきものと考えています。

 また、高速バスについては、多くの場合が、他県のバス事業者と共同で運行する形態となっており、実態として、各社共通の運賃割引制度を設けることが困難である旨、事業者団体から伺っています。

(健康福祉部障がい福祉課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年3月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025