• 背景色 
  • 文字サイズ 

私立高校の送迎バスの運行について


 

【提案No.486】 2月23日受付

 

 近年、私立高校が生徒数確保のために、送迎バスを運行しています。

 私立高校には私学助成と称して、税金が投入されていると聞きます。私学助成自体は否定しませんが、その助成金は、本来教育の充実に対して使われるべきものであって、送迎バス運行などに使われるべきではないと考えます。

 本来ならば利用しているはずの列車やバスは利用客がその分だけ減少し、運行継続が厳しくなります。

 高校に公共交通機関で通う生徒さんの利便性がさらに悪くなることが考えられます。

 また、送迎バスでの通学は、良くも悪くも公共マナーなどを培う場を奪い、公共マナーが身についていない大人を社会に送り出してしまうこともあろうかと思います。

 実際通わせる側の保護者からすると、経済的負担の軽減と、不便な交通機関で通わせるより安心と評価されている方が大半かとは思いますが、私は反対です。

 県としてのお考えをお聞かせください。

 

 

【回答】 3月1日回答

 

 私立高校は各校独特の校風、教育理念に基づいて、学業や部活動など、それぞれの特色を生かした魅力ある学校づくりを進めており、県はそうした取り組みへの助成制度を設けています。

 その中で、全国レベルで活躍するスポーツや音楽の部活動遠征及び公共交通機関が不便な地域での生徒送迎を目的としたバス購入に対して助成をしましたので、ご理解いただきますようお願いいたします。

(総務部総務課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年3月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025