• 背景色 
  • 文字サイズ 

竹島の日に配置された警察官について


 

【提案No.485】 2月23日受付

 

Q.歩行者信号が青だったので道を渡ろうとしましたが、対向車線から右折車がどんどん曲がってきて、なかなか渡れませんでした。すぐそばに警察官がいましたが、誘導をしてくれませんでした。

 

 2月22日の昼ごろに、松江市の四十間堀川に架かる交融橋にさしかかりました。歩行者信号が青だったので道を渡ろうとしましたが、対向車線から右折車(大半は街宣車でした)がどんどん曲がってきて、なかなか渡れませんでした。途中で一般車両の方が止まってくださったので渡れました。

 すぐそばに「島根県警察」のコートを着た警察官がいましたが、ただ立っているだけで、誘導すらしてくれませんでした。一方で、県庁前の道路をものものしく封鎖していましたが、警察はいったい何を考えて、あちこちの交差点に警察官を配置していたのでしょうか?

 ただ立っているのでは、アピールにもなりませんよね。非常に不快でした。

 

 

【回答】 3月15日回答

 

A.今後、ご指摘のような状況が発生しないように、歩行者保護を優先した交通整理を実施するよう指導を徹底いたします。

 

 2月22日(水)は「竹島の日」記念式典に伴い、松江市内を約50台の街頭宣伝車両が走行することから、これら街宣活動に起因する交通渋滞の緩和、交通事故防止及び街頭宣伝車両による違法事案の防止を図るため、定周期式信号機が設置されている交差点に、警察官を配置して対応に当たっておりました。

 ご指摘のような状況が発生しないように、交通対策にあたる警察官に対して、歩行者保護を優先した交通整理を実施するよう指導を徹底いたします。

 今後とも警察業務にご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。

(警察本部警備部警備第二課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年3月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025