• 背景色 
  • 文字サイズ 

県立図書館の利用方法について


 

【提案No.448】2月6日受付

 

Q.県立図書館の本の貸し出しでインターネットによる申込みを受け付けてはいかがでしょう。

 

 遠隔地の住民が県立図書館を利用する場合は、図書取次施設(市町村立図書館等)を利用することになっていますが、窓口で貸出申込をすることは、本の題名や、著者を窓口の担当者に明らかにする必要があります。これは本の内容によっては、宗教や政治信条などを知られることにもなり、プライバシーの侵害になりかねません。また、取次施設までの交通手段を持たない人は利用できません。

 これを改善するために、インターネットで県立図書館へ直接申し込み、県立図書館は宅配便を利用して直接申込者へ送る。返送は同じ宅配便を利用し、利用者が料金を負担することとしてはいかがでしょう。宅配便の金額については、あらかじめ県立図書館が宅配便業者と交渉すれば、安い料金で利用が可能になると思います。ぜひ、ご検討ください。

 

 

【回答】3月1日回答

 

A.インターネットを利用した個別配送による貸出については、経費、人的体制、市町村立図書館との役割分担などについて慎重に検討する必要があることから、当面、貸出の仕組みとして取り入れないこととしています。

 

 自治体の職員は、法律や各自治体の服務規程などで、職務上知り得た秘密を漏らすことが禁じられています。また、個人情報の保護についても、条例その他の規定により適切に管理するよう定められています。

 これに加え、県立図書館及び図書取次施設である全ての図書館の職員は、日本図書館協会による「図書館の自由に関する宣言」第3条第1項にあるとおり、「読者が何を読むかはその人のプライバシーに属することであり、図書館は、利用者の読書事実を外部に漏らさない」ことを遵守しておりますので、安心して最寄りの図書館や図書取次施設をご利用ください。

 また、県立図書館では、最寄りの図書館を利用することが困難と想定される高齢者(満75歳以上の方に限る)や身体に障がいのある方を対象とした郵送による図書の貸出及び返却を行うサービス(外部サイト)を行っています。この場合の送料は、発送(貸出)については県立図書館が、返送(返却)については利用者が負担することとなります。事前に登録が必要ですので、希望される方は県立図書館へご相談ください。

 なお、インターネットを利用した個別配送による貸出については、経費、人的体制、市町村立図書館との役割分担などについて慎重に検討する必要があることから、当面、貸出の仕組みとして取り入れないこととしています。ご理解をいただきますようお願いします。

(県立図書館)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年3月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025