• 背景色 
  • 文字サイズ 

フォトしまねの定期購読について


 

【提案No.460】 2月8日受付

 

Q.都会に出られた方に「フォトしまね」を定期購読してもらったらどうでしょうか。

 

 地域から東京など都会に出られた方には、島根はどの様にうつっているのでしょうか。

 将来予期せぬ災害の時に、もう一つ帰る里があることを思い出してもらうためにも、普段のお付き合いが大事だと思います。そこで、「フォトしまね」を、都会に出られた方に500円で定期購読してもらったらどうでしょうか。

 

 

【回答】 2月24日回答

 

A.ホームページでご覧いただけることから有料での配布は考えておりませんが、ホームページに掲載していることや広報誌の配置場所などについて様々な媒体を使い積極的なPRに努めます。

 

 県政広報誌「フォトしまね」をご愛読いただきありがとうございます。

 「フォトしまね」は、県民の皆さまに県の主要施策や課題、地域づくりなどの情報をわかりやすくご紹介することを目的に制作し、各戸配布しております。

 広報誌については、このほか、島根をPRする県外向けの情報誌として「シマネスク」を制作し、県の東京・大阪・広島事務所、県人会などに配布しております。

 2誌とも県のホームページでもご覧いただけることから有料での配布は考えておりませんが、ご提案の趣旨を踏まえ、ホームページに掲載していることや広報誌の配置場所などについて様々な媒体を使い積極的なPRに努めます。

(政策企画局広聴広報課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年2月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025