• 背景色 
  • 文字サイズ 

地元の人が住みよい町にして欲しい


 

【提案No.416】 1月16日受付

 

Q.島根県は観光観光と力を注がれてますが、観光の前に地元民が住みよい環境を作ること事が優先するのではないでしょうか。

 

 私は転勤族で各地転々としており、昨年、島根県へ転勤となりました。

 これまで色々と住んできた中でここ島根県は本当に住みにくく、一番最低の地域だと毎日感じております。

 とにかく交通手段も限られ、観光観光と力を注がれてますが、観光の前に地元民が住みよい環境を作ること事が優先するのではないでしょうか。

 地元民が住みにくい所に観光客が来ても、二度と来たいとは思わないと思います。

 周りの転勤族仲間とも意見が一緒です。だから地元の若者が県外に出て行き、人口減少⇒財源不足になり、何一つ発展できない負のスパイラルに陥っているのです。

 提案として、駅前に魅力のあるカジュアル大手の人気ブランド等の誘致を図り、若者が魅力を感じる複合施設を作るべきです。中途半端なブランドが入っても閑古鳥が泣くだけです。

 もっと住みよい町にしてください。

 

 

【回答】 1月18日回答

 

A.豊かな自然や文化、温もりのある人間関係、ゆとりある生活環境などの強みを活かしながら、住みよい島根の実現に向けて取り組んでまいります。

 

 ご指摘にありましたように、島根県は大都市部と比べて交通手段が限られ、通学、通院、買い物など生活に不便な面があります。また、中山間地域を中心とした医師不足など、多くの課題を抱えています。

 島根県では、これらの課題を解決するために、高速交通網などの社会インフラの整備や地域交通の維持・確保、医療従事者の確保、ドクターヘリの導入など、様々な取り組みを進めており、少しずつ成果をあげているものもあります。

 また、一方で、島根県には、豊かな自然や文化、温もりのある人間関係、ゆとりある生活環境など、生活していく面でも強みとなるものがたくさんあります。このような強みを活かしながら、引き続き、県民の皆さまが安心して暮らせる、住みよい島根の実現に向けて取り組んでまいります。

(政策企画局政策企画監室)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年1月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025