• 背景色 
  • 文字サイズ 

県民ホットラインへの回答について


 

【提案No.391】 1月4日受付

 

 何のために県民ホットラインはあるのでしょうか。まったく県民の声に耳を傾けないのなら意味がないのではないでしょうか。それこそムダというものです。せめて名前を書いて出した人には回答ぐらいしてはどうですか。

 

 

【回答】 1月11日回答

 

 「県民ホットライン」にいただいたご提案等に対しては、基本的に、ご住所・お名前などをご記入された方には直接回答をお送りするとともに、県ホームページに掲載することとしています。しかし、県政に関しないものや誹謗中傷、趣旨・論旨が不明なものなどにはお答えできませんので、ご理解ください。

 なお、趣旨・論旨が不明なものについては、提案者あて内容を確認させていただくなど、いただいた提案等に対してできるだけお答えするように努めています。また、県政に関しないご提案等であっても、担当する行政機関等が明らかなものについては関係先に連絡し、その旨提案者にお知らせしています。さらに、回答があったものについては、県関係分と同様に提案者の方へお送りしています。

 今後とも、県政に対するご意見、ご提案を幅広くお聴きし、県政への反映に努めてまいりたいと考えていますので、ご理解、ご協力をお願いします。

(政策企画局広聴広報課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年1月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025