• 背景色 
  • 文字サイズ 

道州制について


 

【提案No.389】 1月10日受付

 

 道州制に移行する場合、中国州の州都はどこに置くのですか?私は静かな方が好きなので、島根県ではなく、山陽方面に設置することを望みます。設置する際には、やはり住民投票で決めるべきでしょうか? 県庁跡をどうするかについても議論を進めてください。道州制を進める際に問題なのは、古い地名がなくなるおそれや、文化の消失が心配です。市に上手に移すべきです。

 

 

【回答】 1月13日回答

 

 道州制については、政府における議論が停止しており、道州制の理念・目的や制度のあり方や、ご提案の州都の場所や決定方法などについて、共通のイメージがまだ確立されていない状況です。

 島根県としては、国と地方の役割分担の見直しや税財政制度のあり方など、道州制を導入する際には解決しなければならない重要な課題が多数あることから、道州制については慎重かつ十分な期間を設けて検討していく必要があると考えております。また、道州制の導入にかかわらず、県境を越えた広域行政の取り組みなどを積極的に進めていくべきと考えております。

(政策企画局政策企画監室)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2012年1月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025