• 背景色 
  • 文字サイズ 

川の土手に置かれた鉢について


 

【提案No.230】 9月13日受付

 

Q.川の土手に私物と思われる鉢が置かれています。 

 

 出雲市内を流れる川の土手に私物と思われる鉢が置かれています。川を管理しておられる県は注意されないようですが、なぜですか?

 また、近くには花壇が作られていますが、桜の木が植えられています。いずれ大きくなり、根を広げるようになれば、コンクリートで固められた土手が壊れるでしょう。花壇を作られた人が植えられたものとすれば、この方が修理の費用は負担すべきです。税金を使うなど、もってのほかです。

 対岸から見ると、決して美しくありません。花は美しいものですが、景観を損ねていると思います。

 

 

【回答】 9月16日回答

 

A.所有者へ移動要請を行い、今後移動を行ってもらうこととなりました。

 

 ご連絡いただき、現地を確認したところ、多数の鉢植えが置かれ、また花木が植えられていることが判明しました。これらは、河川管理者に対し何ら連絡のない物件であり、河川管理上支障となる可能性のあるものであるため、所有者へ移動要請を行い、今後移動を行ってもらうこととなりました。

  ただし、桜については自生したものであることが判明しており、河川管理者として冬に撤去する予定です。

(土木部河川課)

 

【その後の状況】(2012年3月15日回答)

 ご提案のありました、河川に設置していた鉢植え及び花木につきましては、所有者へ指導するとともに、撤去を行っていただきました。桜の木につきましても、撤去を完了しました。 

(土木部河川課)

 

【追加意見】 2012年4月23日受付

 

 鉢は撤去されたという回答を見ましたが、撤去されていません。

 ガードレールの外、川土手のところにプラスチック製の大きなものが3つか4つあります。木の切り株のようなものも置かれています。

 景観を守ろうという意識がないのでしょうか。定期的に見回ってください。

 

 

【回答】 2012年5月7日回答

 

 現地を確認したところ、7個の鉢植えがありました。これらは河川管理上支障となる可能性がありますので、行為者へ撤去要請を行い、撤去されたことを確認しました。

(土木部河川課)

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年9月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025