• 背景色 
  • 文字サイズ 

平成23年度島根県一般会計歳出予算(議会費)について


 

【提案No.162】 7月28日受付

 

 平成22年度と比べて平成23年度の議会費が伸率7.6%と増加しているのはなぜですか。

 今の島根県の財政状況を考えると議会費の削減は当然のことだと思います。県議会の会期を短くしたり、県議会議員報酬をカットしたりして議会費を抑えることはできないのでしょうか。

 

 

【回答】 8月8日回答

 

 県議会の平成23年度の予算額が、前年度に比較して7.6パーセント増加した理由は、地方議会議員年金制度が平成23年6月から廃止され、その経過措置として給付に要する費用について、国の定めにより県の負担額が増となったことなどによるものです。

 ご意見のとおり、島根県の財政状況は厳しい状況であり、県議会においては、平成14年から財政健全化に向け自主的に議員報酬の減額を行っており、現在は議長が報酬の20パーセントを、副議長・議員が報酬の15パーセントを減額しております。

(県議会事務局総務課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年8月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025