• 背景色 
  • 文字サイズ 

フォトしまねに福島第一原発事故の記載がないことについて


 

【提案No.19】 4月22日受付

 

 フォトしまね4月号には不思議な事に東電原発事故が全く触れていない事に大変な不安を感じる。どういう事なのか。恐ろしい事故を伏せている様にしか思われない。

 

 

【回答】 6月21日回答

 

 県政広報誌「フォトしまね」は、県の主要施策や課題、地域づくりなどを、写真を交えて県民の皆さんにわかりやすく説明、紹介するという編集方針の下、企画から印刷、発行まで毎号約3ヵ月をかけて制作しております。

 「フォトしまね」4月号に福島第一原発事故の記事がないとのご指摘ですが、震災発生直後の3月中旬は、4月初旬に発行するための原稿締切りの時期に当たっていたため、記事の差し替えが困難な段階であったことから、震災関連の記事の掲載は見合わせました。

 一方、震災発生直後から県の相談窓口や被災者の方に対する各種支援、県内における放射線監視の状況等については、新聞やラジオ、テレビ、ホームページ、報道機関への情報提供などの手段によりお知らせしてきました。

 震災関連の情報につきましては、現地状況等を的確に把握し、迅速に県としての対応方針などをお示しすることが重要です。今後とも、あらゆる広報手段を活用し、情報提供する内容に応じて、適時適切な広報に努めてまいりますので、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

(政策企画局広聴広報課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年6月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025