• 背景色 
  • 文字サイズ 

県立学校等の総務事務の集中化について


 

【提案No.402】 3月28日受付

 

 県は今年4月に総務事務センターを設置し、各課の総務事務を集中化するとのことです。しかし、教育委員会教育庁はもとより、県立学校等における総務事務の集中化・集約化が全くなされていません。

 県立学校にはそれぞれ出納員が配置されていますが、出納事務だけでも集中化は可能なはずです。

 他県では事務センターを設置しているところがありますし、出雲市も学校事務センターを設けています。

 県教育委員会には、県立学校の事務センターの構想はないのでしょうか。私は県立学校の総務事務の集中化を前提として、まずは、各学校の出納員を廃止し、事務を集中化すべきだと思います。

 

 

【回答】 3月31日回答

 

 県では、平成22年11月に策定した「内部管理事務改革基本計画」により、給与・旅費業務、物品調達等の内部管理事務の事務プロセスの見直し等による事務の簡素化・効率化を進めることとしております。

 平成23年4月に設置する総務事務センターは、その中心的役割を果たすものであり、これまで各所属ごとに行われてきた内部管理事務を集中処理する組織です。

 その業務の対象は、知事部局だけでなく、県立学校や教育庁も含まれ、知事部局と同様に教育委員会の内部管理事務も総務事務センターに集中化・集約化されることとなります。

(教育庁総務課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年3月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025