• 背景色 
  • 文字サイズ 

臨時職員の採用について


 

【提案No.373】 2月4日受付

 

 島根県の臨時職員は、採用試験が行われるようになったと聞いています。また、同じ職場に長く勤められないはずです。

 しかし、同じ人がいつまでも長く勤めている職場もあるようです。

 なぜでしょうか。

 試験も受けていないようです。

 不公平ではないでしょうか。

 一部の人が恩恵を受けることがないように、公平であってほしいです。

 

 

【回答】 3月8日回答

 

 島根県では、毎年受験者を公募して「臨時的職員任用候補者名簿登録試験」を実施しています。臨時職員の任用は、この試験に合格して名簿に登録された方の中から行っており、同一所属での1回の任用期間は12ヶ月を上限としています。

 一方、短期間に限る勤務や長期間でも実勤務日数が少ないなど、いわゆるアルバイト的な雇用もあります。この場合、臨時職員のように統一的に公募するのではなく、各所属における選考によって雇用しています。また、特に技術的継続性が必要な場合などは、毎回適正を判断した上で、同一の者が雇用されることもあり得ます。

 現時点において、このようなアルバイト的な雇用についても、統一的な公募や試験を課すことまでは考えていません。

(総務部人事課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年3月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025