• 背景色 
  • 文字サイズ 

高校3年生の自動車免許取得について


 

【提案No.383】 2月7日受付

 

 県内の高校の3年生は卒業前の試験も終り、進学、就職へ向けて頑張っています。

 中でも就職希望者の殆どが、自動車の免許取得に励んでいます。運転教習が終了し 運転免許センターでの学科試験を残すのみですが、学校では卒業式後に受験するように指導しているとのこと。これでは生徒に運転教習終了後長い期間(60日以上)待機させることになります。運転教習で得た事を忘れてしまうのでは?

 運転教習終了後、すぐに学科試験が受験できる様ご検討ください。

 

 

【回答】 2月22日回答

 

 県内の高等学校においては、高校生が交通事故で尊い命を失うことがないように、自動車免許の取得や自動車の運転を禁止しています。ただし、卒業後の就職等で必要な資格取得のために、卒業前の運転免許の取得については、条件を付けて認めています。

 自動車運転免許は、公的な資格ではありますが、生徒が在学中に安易に自動車等を運転することがないようにとの生徒指導上の配慮から、多くの高等学校で、卒業式後に学科試験の受験をするよう指導している現状があります。また、自動車教習所での運転教習終了後、学科試験までの期間が空かないように自動車教習所への入所時期を考えるように指導したり、自動車教習所によっては、期間が空いた生徒に対して、学科試験前に復習をしたり、模擬試験をするなどのサービスをしているところもあります。

 こうした高校生の自動車運転免許の取得については、県内で共通のルールがあるのではなく、各学校でそれぞれの実情に応じて、独自に条件や取り決めを設けています。

  ご指摘いただいた長期間の待機の問題については、安全上の配慮を含めた生徒指導の面と運転免許が取得しやすい環境づくりの両面を考慮して、各学校において、実情に応じて、教習開始時期を遅らせるなど改善について話し合う必要があると考えます。各学校の実情が異なることから、県で一律に共通のルールを定めることは困難ですが、各学校において適切に対応が図られるよう、いただいた提案を学校に伝えます。

(教育庁義務教育課生徒指導推進室)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年2月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025