• 背景色 
  • 文字サイズ 

大気汚染物質について


 

【提案No.377】2月16日受付

 

 2月4日頃から、西日本で上空がかすみました。九州大学の分析によると、原因は中国から硫酸塩などの大気汚染物質の可能性が高いという報道がありました。

 島根県は、県民に大気汚染物質が健康被害を及ぼす危険性があることを知らせるとともに、近隣の県と協力して日本政府に働きかけ、中国が環境に対する高い意識と責任感を持つよう促してほしいです。

 

 

【回答】2月25日回答

 

 ご指摘のとおり、県内でも2月4日頃から上空がかすみ、二酸化硫黄や浮遊粒子状物質(黄砂をはじめとする粒子の細かい物質)、光化学オキシダントの濃度が上昇しました。この時期の通常の濃度と比べて高い値でしたが、注意報発令レベルではありませんでした。

 県では、このような大気汚染物質について、濃度が一定値を超え、その状態が継続すると予想された場合は、市町村や報道機関を通じて県民へ注意報や警報の発令を行います。

 また、黄砂や光化学オキシダント等による環境への影響調査や発生原因解明などについては、近隣の県と連携して国へ要望しているところであり、今後も引き続き要望していくとともに、関係機関と協力して大気環境の監視及び情報提供に努めてまいります。

 なお、黄砂の飛来情報や大気汚染物質による大気汚染予測、島根県内の大気環境の速報値等については、各機関のホームページで公開しています。

 

〈県ホームページ〉

島根県大気環境(大気汚染緊急時対策、現在の大気環境の状況、黄砂情報ほか)

 https://www.pref.shimane.lg.jp/environment/kankyo/kankyo/taiki/

島根県内の大気環境(大気汚染物質の7日間の速報値)(外部サイト)

島根県内の大気環境(光化学オキシダントのみ7日間の速報値、携帯用)(外部サイト)

 

〈環境省ホームページ〉

環境省大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)

 http://soramame.taiki.go.jp/(外部サイト)

独立行政法人国立環境研究所2011年2月10日記者発表資料

 http://www.nies.go.jp/whatsnew/2011/20110210/20110210.html(外部サイト)

(環境生活部環境政策課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年2月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025