• 背景色 
  • 文字サイズ 

自転車の傘さし運転の取り締まりについて


 

【提案No.358】 1月19日受付

 

 傘をさして自転車を運転することは違反です。しかし、街なかで非常に多く見受けられます。安全面あるいは法律面から、もし接触事故等起こった場合、自動車のほうが責められてはたまりません。県警あるいは各警察署は、徹底的に取り締まってください。

 

 

【回答】 2月7日回答

 

 自転車の安全利用についてご意見ありがとうございます。

 警察では、自転車利用者のマナー向上と交通事故防止を図るため、交通安全教室等における自転車通行ルールの周知徹底をはじめ、地域や交通ボランティア、学校等と連携した街頭での指導取り締りを行っています。

 しかしながら、ご指摘のとおり傘さし運転のほか、携帯電話をしながらの運転や夜間における無灯火運転など、自転車のルールの遵守とマナーの向上がなかなか進んでいないのが現状です。

 今後とも、関係機関・団体と連携して広報啓発活動と街頭活動を強化し、自転車利用者のルールの遵守とマナーの向上を図ってまいりますので、ご協力をお願いします。

(警察本部交通部交通企画課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年2月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025