• 背景色 
  • 文字サイズ 

電子証明書の有効期限切れについて


 

【提案No.354】1月17日受付

 

 地元自治体から、電子証明が期限切れになっているとの文書が届きました。

 県の「電子証明書の有効期限満了に伴う電子証明書の更新手続のお知らせ」というホームページを見ても、図解による説明がされておらず、住基カードに表示されているカードの有効期限10年とは別に、カードのICチップ部分に電子証明書の有効期限3年が書き込まれていることを知らない人も多いと思います。役所にあるいくつかのパンフレットにもその説明がされているものはありませんでした。

 明らかなる不備であるので、確定申告の時期を前に駆け込みの対応が発生するのを防ぐためにも、至急、県民に向け適切な広報をすべきです。その折には図解を必ず入れてください。

 

 

【回答】2月7日回答

 

 このたびは、貴重なご意見をいただきありがとうございました。

 ご指摘いただいたホームページは、図解を入れ修正しました。

 また、市町村にホームページ、広報誌などによる広報を改めて依頼しました。

 

 今後も、より多くの皆様に電子証明書(※)をご利用いただけるよう、市町村と連携し分かりやすい広報に努めて参ります。

 

※電子証明書について

 市町村窓口で住民基本台帳カード(以下、「住基カード」)に併せ電子証明書の交付申請をされた場合、交付された住基カードのICチップ(金色の部分)に電子証明書が格納されています。

 この電子証明書の有効期限は3年で、住基カードに記載されたカードの有効期限(10年)とは異なります。

 電子証明書の有効期限を過ぎると電子証明を使った電子申請やe-Taxなどのサービスがご利用できなくなりますので、ご利用の予定がある場合は市町村窓口で更新手続をしてください。(手数料は500円です)

(地域振興部情報政策課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年2月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025