• 背景色 
  • 文字サイズ 

インフルエンザ予防接種の均一料金化について


 

【提案No.290】 11月12日受付

 

 インフルエンザ予防接種は依然として病院ごとに接種料金が異なっており、不公平感を抱いています。均一料金化を提案します。

 

 

【回答】 2月22日回答

 

 インフルエンザの予防接種は基本的に医療保険適用外の扱いとなるため、全額自己負担となり、その額は各医療機関で自由に設定することができます。

 なお、予防接種法に基づく「定期の予防接種」対象者の方(重症化する可能性が高い65歳以上の高齢者及び60〜64歳の基礎疾患を有する方)については、お住まいの市町村が契約した医療機関で接種を受けることになり、自己負担額は基本的に同一になります。

(健康福祉部薬事衛生課・健康推進課)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年2月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025