• 背景色 
  • 文字サイズ 

口蹄疫について


 

【提案No.111】6月7日受付

 

 最近は、ペットとして偶蹄類を所有されるみなさまがいらっしゃいます。県のホームページでは口蹄疫について、注意点として「毎日健康検査を行い・・・」となっていますが、どうすればいいかが明確になっていません。ついては、チェックポイント等明確にするよう提案します。

 

 

【回答】2月18日回答

 

 宮崎県で昨年4月20日に発生が確認された家畜伝染病の口蹄疫については、島根県でもホームページ等により、家畜飼養農家の皆様に注意を呼びかけました。

 ご提案いただきました健康に関するチェックポイントについては、ホームページの「牛、豚等の偶蹄類の家畜を所有されるみなさまへ」の欄にある「牛版(PDF)、豚版(PDF)」のパンフレットでご覧いただけます。

 この中では宮崎県から提供された、実際に症状が出ている牛や豚の写真を掲載しており、詳しい情報をご覧になりたい方のみが見られるように配慮しています。

 ただし、チェックポイントが添付されていることが分かりにくいので、「※健康検査のチェックのポイント等を記載したパンフレットはこちら牛版(PDF)、豚版(PDF)」との表現を追加して記載いたしました。

 ペットとしての偶蹄類にも同様の症状があれば、早期に獣医師あるいは家畜保健衛生所へ相談いただきたいと考えます。

県ホームページアドレス

(農林水産部食料安全推進課)

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年2月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025