• 背景色 
  • 文字サイズ 

小学校での英語活動について


 

【提案No.339】 1月11日受付

 

 先日、島根県初のプロスポーツチームである「スサノオマジック」の選手達と子どもたちが交流する場面に出会いました。チームには外国人選手もいます。

 子どもたちは、「サインください」「握手してください」「背が高いけど何cmあるんですか?」「応援してます」など、英語でどう言うのか知りたがっていました。

 小学校でも英語教育が本格的に始まるとのことですが、選手の応援に出掛けるシチュエーションを想定して英語教育を行ってはいかがでしょうか。

 

 

【回答】 1月26日回答

 

 小学校における外国語活動(※)については、小学生の発達段階を考慮し、外国語を通じて、言語や文化について体験的に理解を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図ることとしています。そのために、ご提案のような、より現実的なシチュエーションを想定して指導を行うことは、非常に効果的だと考えます。県内では、各学校の状況に応じ、外国語を通じて外国の人々と直接交流を行っているところも多くあります。

 今回ご提案いただいた内容を、教員に対する研修会等で紹介することなどを通して、県内の児童が外国の人々に臆することなく、積極的に関わろうとする態度の育成を図っていきたいと考えます。

※小学校での「英語」は、国語や算数等とは異なり、「教科」という位置づけをされておらず、「外国語(英語を中心として取り扱う)活動」という名称で扱われております。

(教育庁義務教育課)

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2011年1月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025