• 背景色 
  • 文字サイズ 

ふるさと納税のPRについて


 

【提案No.300】 11月19日受付

 

 島根県職員は年賀状でも「ふるさと納税は島根県へ!」をPRして欲しい。

 職員の方々が「ふるさと納税」をモチーフにしたイラストを自分の年賀状に挿絵すると、年賀状を見て寄付をしたくなる人もきっといらっしゃることでしょう。

 

 

【回答】 12月2日回答

 

 この度は、貴重なご提案をいただきありがとうございました。

 ふるさと納税制度は、皆様のふるさとを応援したいという思いを税制上実現する仕組みとしてつくられたものです。

 この制度は、こうした思いをお持ちの方々に広く働きかけることが重要であり、ご提案いただいたように、県職員自らが様々な機会を利用してPRしていくことが必要です。

 県では、既に出張で県外の方とお会いする機会などを利用して職員が積極的に寄附を呼びかけていくよう取り組んでおり、今後とも職員によるふるさと納税のPRに努めてまいります。

(政策企画局政策企画監室)

 

 

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年12月項目一覧


お問い合わせ先

広聴広報課県民対話室

島根県政策企画局広聴広報課県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025