• 背景色 
  • 文字サイズ 

古事記編纂1300年の企画について


 

【提案No.292】11月8日受付

 

 古事記編纂1300年に関する事業の基本構想を拝見しました。たくさんのイベントや企画があり、とても良いものだと思いました。しかし、1点提案したいと思います。イベントに参加する人、企画に参画する人、出雲を訪れたいという人等などの範囲には、障がいのある方や、ご高齢の方などがいらっしゃると思いますが、その人達に対して、医薬の神、家内安全の神、福の神といった出雲の神様の特徴を引き出し、参加し易いようないろいろな工夫を打ち出していただきたいと思うのです。そうすれば、さすが島根だということで、そうした人々に多方面から参加していただけるのではないでしょうか。単なる賑わいや経済効果、観光宣伝を追求しているのではないということが全国の皆様に理解していただけるのではないでしょうか。

 

【回答】11月30日回答

 

 神々の時代から受け継がれてきた豊かな自然や歴史文化など、島根県の誇る観光資源を活用して、県をあげて全国にその魅力をPRし、たくさんの方に来県していただきたいと考えています。

 障がいのある方や高齢者の方にも訪れていただけるよう、広報宣伝やイベントなど事業の実施にあたっては、島根県ならではの観光資源の魅力を工夫して情報発信するとともに、イベントの開催にあたっては、参加して頂きやすいよう計画して参ります。

(商工労働部観光振興課)

 

 

 


[この回答に対する意見募集]

■この回答に対してご意見がありましたら、こちらをクリックしご意見送信メールからお送りください。ご意見には、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。上記リンクをクリックしてもメールボックスが出ない場合は、恐れ入りますがメールソフトを立ち上げteian@pref.shimane.lg.jpのアドレスまでご意見を送付ください。その際は、お手数ですが、上記の【提案No.】、お名前、性別、お住まいの市区町村をメールの件名欄に入力願います。


2010年11月項目一覧


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770、6501
【FAX】0852-22-6025